「MCJ火災保険」(しあわせマイホーム)

日本住宅ローンをご利用の
お客様向け火災保険

(新規のご契約は現在お取扱いしておりません。)
「MCJ火災保険」は日本住宅ローン(MCJ)が融資するお客様向けの日立キャピタル損害保険の火災保険の愛称です。

No1「新価額」を基準に保険金をお支払い。
      元通りのお住まいを補償します。

「新価額」(同等の建物・家財の再取得費相当額、実際の修理費)を基準に保険金をお支払いしますので、自己負担を無くすことができます。

(例)
従来の火災保険(住宅総合保険)は
「時価額」(新価額から使用による消耗分を控除した額)を基準に保険金をお支払いするものです。
10年後火災発生。損害額500万円の場合→500万円から使用による消耗分を差し引いた額をお支払いします。差額は自己負担となります。

「新価額」では…
保険金は実際の損害額、500万円をお支払いします。明記物件はのぞきます。

No2将来の物価上昇リスクにも対応。
     契約期間中に補償を増額できます。

将来、建築費の高騰により「新価額」がご契約金額より30%以上あがった場合、日立キャピタル損害保険からお客様に「ご契約金額調整のご案内」をいたします。ご希望により追加保険料をお支払いいただき、ご契約金額を増額された場合には以下の例のように保険金のお支払いができます(増額されない場合はお支払いする保険金が削減される場合があります)。

(例)
新築価額2,000万円、ご契約金額2,000万円の場合
→20年後建築費が30%上昇、ご契約金額を2,600万円に増額
→火災発生・全焼
→保険金2600万円で再築

No3水災(水による被害)を最大100%まで補償します。

水災損害割合30%以上の場合、ご契約金額を限度として損害額の100%をお支払いします。
※ 従来の火災保険(住宅総合保険)では70%限度。

補償内容の詳細はこちらをご覧ください

(Hb050-09-0059) 2010年3月9日作成