生命保険“メンテナンスサポート(修繕積立)”

貯蓄性のある生命保険で修繕費用を積立

貯蓄性のある生命保険は、将来、満期保険金や解約した場合の解約払戻金を受け取れます。つまり万一の場合の「死亡保障」と「将来の修繕費用準備」を兼ねることができます。もちろん、満期保険金や解約払戻金はお住まいの修繕費用のほか、教育資金や老後資金などにもご自由にご活用いただけます。

プランニングイメージ

保障が生涯続く終身保険のポイント

  • 保険料が上がることなく、死亡保障が一生涯続きます。
  • 保険金額や保険料払込期間は、ご都合に合わせて設定できます。
  • 掛け捨てではないため、貯蓄性があります。

プランニングイメージ

解約払戻金を住宅の修繕費用など、さまざまな資金としてご活用いただけます。

保険を活用して、住まいの修繕費用に

住友林業の家は標準仕様で長期優良住宅に対応しています。長期優良住宅には「住宅が良好な状態に長期間保たれる」「税金の優遇措置が受けられる」などのメリットがありますが、認定を継続するためには「メンテナンス計画に則った定期的な修繕」が必要です。

住友林業の「60年メンテナンスプログラム」は、点検やメンテナンスの適切な時期の目安を計画的に組み立てたもので、修繕費用積立の目安になります。

プランニングイメージ

ご加入の流れ

オーナーの皆様の状況やご要望に応じて、スミリンエンタープライズのライフコンサルタントがニーズに合った保険プランをご提案します。

ご加入の流れ

※下のお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

「生命保険“分析”相談」のお問い合わせはこちら